--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年05月22日

園児に右手の無い子が居ました。

80 :名無しの心子知らず:2006/06/25(日) 13:38:49 ID:aN8NZR00
保育士してます。

右手の無い子が居ました。
運動会のダンスの練習に、その子はいつも参加しませんでした。

「何で参加しないの?」
聞くとどうやら、自分は右手が無い。
なのにダンスの中で右手を何度も上げなくてはいけない。
自分は右手がないのに、みんなと同じ様に踊れる訳がない。
だったらダンスなんてやりたくない…
という話でした。
それをほかの子達に話すと、
「じゃあみんな左手を上げればいいよ」
「もう1回左手で覚え直そうよ」
と言ってくれました。
1回右手で覚えてしまったので、中々癖が抜けずに苦労する子もいましたが、
当日にはなんとか間に合い、皆で左手を上げて踊りました。
みんなが揃って踊れた時は、涙が出ましたね。
子どもの考え方って、素直で優しくて、本当にいいものです。
仕事してると辛いことも苦しいことも沢山あるけど、
こういう子どもたちの優しい気持ちに触れると、
苦労も疲れも吹き飛んでしまいます。
いい仕事につけたなと思います。






82 :名無しの心子知らず:2006/06/25(日) 16:58:17 ID:qlWdIpNF
>>80
子供たちは本当に優しくて、いいエピソードだとは思うけど、
保育園側が最初から右手の無い子のことを配慮してあげたりはできなかったの?
ちょっと可哀想だと思う。
いい話に水を差すようで悪いけど。



83 :名無しの心子知らず:2006/06/25(日) 19:49:32 ID:uQwuXRcj
>>82
確かに最初に保育園側が右手の無い子のことを考慮してあげたほうがよかったかもしれない
けど、結果的に子供達がその子への対応法を考えて、それを成功させたことに意味が
あると思う。



84 :名無しの心子知らず:2006/06/26(月) 06:30:20 ID:KOgUNAMK
>>82-83
"特別扱いしない"と言う配慮があったかも知れないじゃん。

なかったかもしれないけれどね。




カテゴリ : 子供記事のURL コメント (1) トラックバック (0)

コメント

  1. 最初からベストの選択できる人は少ないしね。
    頭ぶつけながらでも、ベターを選んでいけるのが素晴らしい。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://erimos.blog38.fc2.com/tb.php/70-6bfe624f

雑記

管理人:えりもす♂


このサイトについて
人気エントリー
おすすめ記事
連絡

2009/12/17
3500g♀
元気な赤が誕生しました


赤さんかわいす。

多忙のため、更新が少なくなっています。
楽しみにしていただいてる方がたくさんいるのに大変申し訳なく思っています。
仕事が落ち着いたら、また元のペースで更新していこうと思います。




7/8
<li>でコメント欄の番号を表示させているのですが、
IEやスレイプニルだと表示されてないことに気付きました。
狐だと大丈夫みたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
RSSリンクの表示
リンク


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
アクセスランキング ブログパーツ

総コメント数 
総記事数 
はてな

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。