--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年05月01日

豚インフルエンザ フェイズ5へ 国内感染の疑いも

【ジュネーブ29日共同】
新型インフルエンザの拡大を受け、世界保健機関(WHO)は29日、世界的大流行(パンデミック)が「差し迫っている」と表明、警戒水準(フェーズ)を「4」から初めて「5」に引き上げた。
最悪である「6」のパンデミックに極めて近い状況。国際的な人の移動などの制限が一層強化され、経済、社会の各分野に深刻な影響が広がるのは必至だが、WHOは国際社会に強い警告を発する必要があると判断した。

 WHOは警戒水準を27日に「3」から「4」に引き上げたばかり。わずか2日間で再引き上げを迫られた。WHOのマーガレット・チャン事務局長が29日深夜(日本時間30日早朝)緊急記者会見を開き、引き上げを発表した。

■症状
 38度以上の急激な発熱、咳、頭痛、関節痛、鼻づまり、倦怠(けんたい)感

■診断
 発症から24-72時間以内に、鼻水や唾液の臨床検査や血液検査を行い、豚インフルエンザウイルスの有無を確認する。

■治療
 豚インフルエンザ感染が確認された患者には、メキシコ衛生当局がインフルエンザ治療薬のタミフル(o seltamivir)やザナミビル(zanamivir、商品名:リレンザ)を提供する。副作用や誤用を防ぐため、服用に関しては厳密な指示を行う。抗ウイルス剤の提供は、豚インフルエンザ感染が確認された患者に限定する。
 メキシコ当局は抗ウイルス剤の備蓄は数百万錠としているが、地元メディアによれば薬局では品切れ状態だという。

■予防対策
- マスクを着用する。
- 他人とのキスや握手はさける。
- 食事中、他人と同じ皿の料理を食べたり、ナイフやフォーク類、コップなどの共用を避ける。
- 自宅や職場での換気を徹底し、電話などの共用品を清潔に保つ。


(管理人)
国内でも豚インフルエンザに感染の疑いがでてきています。
豚インフルエンザはくしゃみなどの飛まつ感染か接触感染によって感染するらしいです。
飛まつはマスクで防げます。接触感染はウイルスがついた手から粘膜を介して入ってきます。
通常の風邪の予防対策で多くの場合は防げると思われますので、
お子さんへの予防指導を徹底するようお願い致します。


コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://erimos.blog38.fc2.com/tb.php/30-03c497d9

雑記

管理人:えりもす♂


このサイトについて
人気エントリー
おすすめ記事
連絡

2009/12/17
3500g♀
元気な赤が誕生しました


赤さんかわいす。

多忙のため、更新が少なくなっています。
楽しみにしていただいてる方がたくさんいるのに大変申し訳なく思っています。
仕事が落ち着いたら、また元のペースで更新していこうと思います。




7/8
<li>でコメント欄の番号を表示させているのですが、
IEやスレイプニルだと表示されてないことに気付きました。
狐だと大丈夫みたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
RSSリンクの表示
リンク


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
アクセスランキング ブログパーツ

総コメント数 
総記事数 
はてな

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。