--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年11月13日

自分の赤ん坊~幼児期の記憶

11 :名無しの心子知らず:2009/07/22(水) 22:46:43 ID:ZvJM+7KN
「おばあちゃんとママ、どっちが好き?」
と訊かれた。
ママの方が断然好きだけど、
めったに来ないおばあちゃんを前に、そんなかわいそうなこといえない
と思って
「おなじくらいー」
といった。

あとから考えると、母が可哀相だったなと思う。
なので、「子どもなりに気を遣ってたんだぜw」と笑い話として話したことがある。
2歳の頃の記憶。

人見知りしない、といわれて育ったんだけど
知らない人に抱っこされるのはいやだった
客人に失礼になって両親が困るだろうと思ってたからおとなしくしてただけ。

結構子どもは気を遣うことも多い。




12 :名無しの心子知らず:2009/07/22(水) 23:35:00 ID:0MrgWHIr
>>11
あるあるw
私が3~5歳のころに祖父母の間で川の字になって寝てた時、
「おばあちゃんの方を向いて寝たらおじいちゃんが可哀相…。でもおじいちゃんの方を向いて寝たらおばあちゃんが可哀相…。」
と悩んで、いつも右を向いて寝てたけどその日は苦しかったけど仰向けで寝たw




51 :名無しの心子知らず:2009/07/30(木) 03:51:52 ID:gS88D66k
一~二歳の頃かな。
海岸?砂浜?で、年上の従兄弟二人に挟まれて並んで座ってる私。
んで、その従兄弟達は市販の弁当か何かをがっついてるんだ、黙々と。
でも、自分には何も持たされてない。
自分にも欲しくて、一生懸命手を「頂戴」にしてアピってるんだけど
全く気づいて貰えず、自分の父親も気づかず呑気に写真撮ってやがる。
この悔しさ伝える手段が分からなかったから、まだ喋る前だったのかな。
もしかしたら自分は食事を済ませてたか、まだ食べられない物だったのか
定かではないが、そうだとしても両隣に飯食ってる人の間に座らせて
お預けって、いくら相手が赤子でも酷いと思うよw




52 :名無しの心子知らず:2009/07/30(木) 06:01:55 ID:3e/+spAu
>>51
結構やりがちなシチュエーションだw
気をつけます。



61 :名無しの心子知らず:2009/07/31(金) 16:19:51 ID:++KTuvX8
3歳くらいの頃、地震があって「ママ怖いよ」と
母に抱きついている記憶。
「ママが守ってくれるからもう大丈夫だ」と安心した記憶がある。
現実は、地震相手じゃ、大人だから大丈夫ってわけではないが
子供ってそのくらい、親を信頼してるんだなあ。



63 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 13:05:56 ID:4d1rchzy
ほんとこのスレはためになる。
子供には誠実に接しようと思うよ。

自分の2~3歳の記憶。
おもちゃ屋さんでぜんまいで動く小さなねずみのおもちゃを見て
どうしても欲しくなってしまい、悪い事とわかっていながら
ポケットに隠して持って帰った。
家に着いてそれで遊んでいたら、親にそれはどうしたのかと聞かれ
叱られると思い泣きべそをかいて「持ってきちゃった」と言った。
親は冷静に私を諭して、一緒にお店に返しに行った。
お店の人に頭を下げている親の横で、私はなんて悪い事を
したのだろうと恥ずかしくてうなだれていた。

今でもそのおもちゃの形状はしっかりと覚えているし
その時の罪悪感も覚えているから、これから先いくら食べ物に困っても
万引きは絶対にしない。



67 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 17:20:19 ID:DljFdxVw
なんか、このスレみて、今日の自分を思い切り後悔してる。

幼児も、心は一人の人間なんだと思い知らされた。

良スレだ。また見にこよう。




98 :名無しの心子知らず:2009/08/17(月) 12:22:27 ID:ydzyeJSI
何歳か具体的には覚えていないけれど、まだ言葉が話せない頃。
二つ下の弟がいるんだけど、まだ産まれていないし母のお腹も膨らんでいなかったから1歳頃だろうか。
DVの現場を見た。
激しい口論の様を見て、止めようと間に入ると父が「パパとママは喧嘩してるんじゃない。お話をしてるんだよ。」と言って、その後激昂しビール瓶を割って、それで母を殴った。
母は手で防御して、手から大流血。
救急車と祖父母が来た。
祖父が父を怒鳴りつけた。
随分後になって結局両親は離婚したんだけど、最近になって記憶違いかも知れないしと思い母親に聞いたら「まだ小さかったのに覚えているなんて。」と号泣され何度も何度も謝られた。

お陰で何が役に立ったかと言えば、赤ちゃんや幼い子供にだって気持ちがあるんだと分かってあげられることだと思う。
汲んであげられているかは分からないけれど、随分寛大でいられる。




99 :名無しの心子知らず:2009/08/17(月) 12:38:03 ID:IWjhzjm+
このスレ読んでから、赤子に接するのが楽しくなり、
よりいっそう心配りをするようになったよ。




120 :名無しの心子知らず:2009/08/20(木) 12:22:32 ID:p3KgKO3c
5歳の時、同居していた祖父が癌で亡くなったのだけど、入院する前だから4歳頃。
夕食のため居間に来た祖父が思いっきりすっ転んだ。
多分その頃既に癌が進行してて体が弱り、敷居にでも引っかかって
かつ、体を支えることができなかったんだろうね。
ドリフも真っ青な転びっぷりが、もう面白くて面白くて反射的に大爆笑。
が、真っ青になってたのは他の家族。
転んだ時の派手な物音でみんながサッと寄ってきて介助してた。
その様子で笑い事ではないと感じ、非常にばつが悪い思いをした。

10年後くらいに、祖母が祖父と同じようにすっ転んだ。
たまたま来ていた従妹(小5くらい)がそれを見て大爆笑。
その後の周りの反応で、私と同様まずかったと思ったようだったので誰も咎めなかった。

何が言いたいかと言うと、派手に転ぶのを見るのは本能的(?)に面白いらしい。
だから、子供が他人が転んで大爆笑していても頭ごなしに怒らないで。
笑ったことを肯定も否定もしないで、転んだ人を気遣おう。
その様子で絶対自ら反省するから。




138 :名無しの心子知らず:2009/08/28(金) 08:29:58 ID:6yFXhlJX
まだハイハイも出来ないような赤ちゃんの頃から、ちゅうされるのがものすっごく嫌でした
特に近所のおばさん?みたいな人がよく抱っこと同時にほっぺにしてきたんだけどすごく嫌だった
今でも嫌なものは嫌と言えない性格なのですが、その時も嫌がって泣くことはできませんでした
小さい時から根っからの性格って出来てるんだなぁと。
そして赤ちゃんだし泣かないから絶対大丈夫っていう訳でもなさそう
難しいね




137 :名無しの心子知らず:2009/08/27(木) 20:58:45 ID:qNWkFwLR
おすわりが出来た頃だから6ヶ月以降だろうけど、
当時は父の職場が徒歩で行ける所にあり母に抱っこされ父の休憩時間に会いに行った。

写真を撮るのに母が「笑って」と、言うので自分の精一杯の顔でパチリ☆

時たま、車のボンネットに座らされパチリ☆


数年後・・・それらの写真は、いつも同じ顔で(・`-´・)眉がしかめてて口がムになってた・・・orz

こんなはずじゃ無かった。




141 :名無しの心子知らず:2009/08/28(金) 15:09:55 ID:Ud2yR6He
>>137
かわええ~w
(・`-´・)の顔を想像して和んだ



224 :名無しの心子知らず:2009/09/14(月) 03:24:31 ID:s0IwT0Tn
2才になる前。
砂場で泣いて当時妊婦だった母のおなかに飛び付いた、と思ったら、
違うママでやっぱり妊婦さんのおなかだった。
まわりのママ達皆に笑われて、プライド(当時は知らない言葉だけど)が傷つき、
いっそう泣きわめきながら、母を探していた。



279 :名無しの心子知らず:2009/09/27(日) 00:40:19 ID:TDeRnD8N
乳児~幼児期にかけて両親が事業をやっていてとても忙しく、保育園に預けられていた。
お迎えが遅くなると友達はどんどんお母さんと一緒に帰って行くし、広いホールで一人お迎えを待つのはすごくみじめな気持ちで自分からお母さんを奪う「仕事」は敵だと思ってた。
その頃は裕福で私にもブランド物の服を着せていたのよ、と母は言っていたけど、そんなこと子供にはわからないからもっとお母さんと一緒に居たかった。

だから私自身はご飯が食べれるくらいの生活ができていれば、せめて小学校にあがるまではできるだけ家にいてあげたいと思う。




293 :名無しの心子知らず:2009/09/28(月) 22:29:29 ID:X+wTORMK
うちは母親が産後1ヶ月から働いていて私は子守さんの家に日中預けられていた。
母親が迎えにきてくれると嬉しいのだけれども忙しい母親に甘えちゃいけないと思って家に帰らないと言った。
1歳半には保育園に預けられたから1歳前後の記憶だとおもう。
言葉が遅かったのでいやいやするぐらいしかできなかったと思う。

母に安心して甘えた記憶が無くておばあちゃんになら甘えても良いと思っていた。
おばあちゃんも働いていて、保育園に迎えにくるのはいつも最後。
どんどんみんなが帰っていき、心細く待っていると笑顔のおばあちゃんが迎えにきてくれて嬉しかった。
弟と競うように甘えながら帰った

おばあちゃんと母親の違いは「話を聞いてくれる余裕の有り無し」だと思う。
忙しいのは子供はよくわかっている。
だから時間が作れたらちゃんと構って愛情を示したほうが良いと思う。
子供は生まれた環境が全てで自分の生活に疑問を持たないけど、
ある程度大きくなったら他人の生活が見えていろんな感情を抱えるようになるものだ。




294 :名無しの心子知らず:2009/09/29(火) 11:38:30 ID:j78ZRXh4
>>293
1歳半ぐらいでも、「お母さんは忙しいから甘えちゃだめだ」なんて
気をつかうんだ!!
って、なんか泣きそうだ。




314 :名無しの心子知らず:2009/10/05(月) 03:46:39 ID:go2eL9Ke
4歳ぐらいまで、よくガミガミ叱られていたんだけど、「するなってことばっかりする!」と言われても
その時は「悪い事なんだな」と思っても、同じ状況があれば頭の中はリセットされていて、
親にとっては同じことでも、自分は新鮮な気持ちでやっていたと思う。

例えば
植木の葉っぱを千切ったら面白い♪バラバラ散らばって楽しい♪→叱られる。→何か悪いことらしい。悲しい。
→他の遊び。→リセット!→あ!葉っぱ!引っ張ったら楽しいかも?千切ったら楽しい♪→叱られる。
→何かダメみたい。怒られたから悲しい。→忘れてリセット→葉っぱ!千切ったら(ry・・・→叱られる。
みたいな、やってみたい、触ってみたい対象が同じものなのに、毎回新鮮に思えてたように思う。

例えの葉っぱで言えば、「ああこれは千切ったらこんなふうになるのね。汁がでて手が緑になるし
散らかしたら楽しいけど怒られるし、葉っぱって千切るものじゃないね。」と、認識出来たらやめる。
どうしてもやってみたい、触ってみたい衝動が抑えられるのは、4歳ぐらいになってからだった気がする。

怒られるからやらないとか、叱られて理解したからやめるんじゃなくて「興味がないからやめる。」
興味の対象を「理解したからやめる。」という感覚だったので、親の「同じことばっかり言わせる」の意味が
全く理解出来なかった。
親から見れば「同じイタズラ」なんだろうけど「ちょっとワカッテルけど、シッテルけどやってみたい!」な
「もうちょっと触ったらどうなるか調べたい」みたいな・・・すごく新鮮な好奇心いっぱいの気持ちだった。




315 :名無しの心子知らず:2009/10/05(月) 05:19:25 ID:go2eL9Ke
続きです。

4歳くらいになって、自分の身近にあるものがだいたいこんなもんだ、と理解できるようになって
余計なイタズラはしなくなったし、叱られたら「そういや前にも同じことで怒られたんだった!」と
「以前」の出来事と「今」がつながるようになり「同じことばっかり言わせる!」がわかるようになったと思う。

だから、聡明な理解力、記憶力のある子はどうだかわからないけど、3歳くらいまでの子は
叱っても怒っても、その時はなんとなく「悪いことしたらしい」と思うけど、すぐ忘れて
新しい気持ちで同じこと(イタズラ)を繰り返してるんじゃないかと思う。

「イタズラ」→「叱られる」の、原因と結果が理解出来ず、「大変興味深いこと!」と「なんか怒られた!」
は別々の出来事みたいだったから、叱るよりはイタズラを出来ない、させない状態を作ったほうがいいし
イタズラされても、本当に悪いこと(人を叩くなど)以外は、叱らないほうがいいと思う。

親の話を記憶と照らし合わせても「研究(イタズラ)」wと「怒られたこと」は、別々に保存されている。

なんだか長いばかりでわかりにくかったらすみません。




316 :名無しの心子知らず:2009/10/05(月) 11:14:18 ID:noIDLge/
>>314-315
よく分かったよ。
うちの2歳の息子も同じようないたずらばっかりして何度言ってもするから
心配だったんだけど、そういう事だったんだね~。
いたずらされないようにこっちが気をつけるのはやっぱり大事なんだな。
いたずらされても必要以上に怒らない方がいいね。




334 :名無しの心子知らず:2009/10/14(水) 10:04:54 ID:G22CicI3
こんにちは
相談させてください。
近いうちベビーゲートを買おうと思ってるのですが子供心にはどう思うのでしょう?
やはり『隔離された』というように思うのでしょうか?
きちんと『危ないから』というのは理解出来るのでしょうか?




335 :名無しの心子知らず:2009/10/14(水) 14:20:46 ID:gKpkNBhg
>>334
私が幼い頃は、ベビーゲートの類いはまだなく、当時自宅はキッチンと部屋の間に障子がある造りでした。

おそらくつかまり立ちはできたけれど、歩いたり自力でドアを開けたりはできなかった頃、寂しくて母親が恋しくて障子に穴を指で開けて、穴から覗いて母親を見ていました。

当時の切ない気持ちを今でも思い出せる。
私の母親はあまり丁寧に言い聞かせとかするタイプではなかったので、なぜ自分が「隔離」されているのかは理解できず辛かったです。
でも親になった今、やっぱりベビーゲートは必要だと思い、使用しています。

ただ、このスレを読んだり、自分の子供(一歳)に接していて思うのですが、本人がまだあまり話せなくても聞く分にはかなり理解しているようです。
だから今、私はなるべくきちんと言い聞かせて説明するようにしています。

うちの場合、ベビーゲートは拒否しませんでしたが、大嫌いだった歯みがきは、一度ダメもとで真面目に意義をゆっくり説明したところ、しぶしぶやらせてくれるようになりました。
やはり子供はかなりこちらの話を理解してると思います。

ベビーゲートも、なぜ危ないから必要かをちゃんと説明してあげたら多少わかってくれると思います。




カテゴリ : 子供記事のURL コメント (6) トラックバック (0)

コメント

  1. いろいろ参考になるし、自分の子どもの頃も
    振り返ってみるきっかけになった。

    子どもの事で悩んでたけど、解決の一端になりそう。
  2. 子供は好奇心を抑えきれない年齢だって事
    分かってはいるんだけど、
    疲れてるときはついつい感情的になってしまう。
    自分は駄目だなぁ…。
  3. こんなもん全部後から創った記憶だよ。
    みんなころっとだまされるものだなあ
  4. そもそもこのスレ読む前はきちんと伝えようとしてなかったのかよと
  5. 224がこわい
  6. 二歳前後の記憶あるなぁ。
    スーパーに行くって言うんで、仲良しのお人形もつれていこうとしたんだけど、母親に怒られて泣いた。そしたら何か勘違いで怒鳴ったらしい母が慌てて慰めてくれた。

    今の自分よりも若かった母、きっと疲れてイライラしてたんだろうな。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://erimos.blog38.fc2.com/tb.php/226-6585d4fc

雑記

管理人:えりもす♂


このサイトについて
人気エントリー
おすすめ記事
連絡

2009/12/17
3500g♀
元気な赤が誕生しました


赤さんかわいす。

多忙のため、更新が少なくなっています。
楽しみにしていただいてる方がたくさんいるのに大変申し訳なく思っています。
仕事が落ち着いたら、また元のペースで更新していこうと思います。




7/8
<li>でコメント欄の番号を表示させているのですが、
IEやスレイプニルだと表示されてないことに気付きました。
狐だと大丈夫みたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
RSSリンクの表示
リンク


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
アクセスランキング ブログパーツ

総コメント数 
総記事数 
はてな

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。