--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年10月06日

シュタイナー教育を語ろう!

シュタイナー教育(しゅたいなーきょういく)とは、20世紀はじめのオーストリアの神秘思想家ルドルフ・シュタイナーが提唱した教育思想および実践を日本で紹介する際に名付けられた呼称である。


七年期

シュタイナー教育では、人間の成長を7年おきに大別してとらえる。生まれてから成人するまでの21年間のうちに世界から「真・善・美」を全身を通して理解し、その世界と自分との一体感を見いだし、世界の中で自由で自律的に生きることのできる人格の育成を目指す。

1. 第1七年期(0~7歳)
- 肉体が誕生してからの7年間。この肉体を動かす事、すなわち意志の成長が課題となる。萌芽的な段階にあるエーテル体をゆっくり教育するため、無意識的な活動、特に毎日の生活のリズムを重視する。この時期の子どもは周囲の大人、特に両親からの直接的、間接的な影響を全身に吸い込んで成長する。つまり無意識的にも「(私の周りの)世界は善であふれている」ことを子どもが理解するような教育を目指す。
2. 第2七年期(7~14歳)
- エーテル体が既に自律し、アストラル体が活動するようになるまでの7年間。アストラル体が司るもの、すなわち感情の成長が課題となる。そのため芸術に重きを置いた教育実践によって、いきいきした感情を育み、「世界は美しい」とおぼろげにも感じられる教育を目指す。
3. 第3七年期(14~21歳)
- アストラル体が既に自律し、自我がはっきりしてくるまでの7年間。表象活動の活発化が課題となる。明晰な表象活動により「世界は真実に満ちている」ことをはっきり理解する教育を目指す。


オイリュトミー
音楽のリズムに従って優美に歩いたり、詩を唱えながら言葉の響きに従って体を動かしたりする。


フォルメン
ものの形(Gestalt、ゲシュタルト)の理解のための学習であると誤解される事がしばしばあるが、フォルメン(Formen)は有機的な動きのフォルム(Form)を把握するためのアプローチであり、幾何の授業とは一線を画する。この授業はエーテル体が自律し、身体が成長する7歳以降の数年間に特に重視される。4年生を過ぎるとその役目を終え、幾何の授業にとって代わる。
水彩

シュタイナー教育で用いられる水彩技法は主に2つである。

1. にじみ絵
2. 層技法

ものの形を描くよりも(これは白黒線描として別の授業で展開する)、ゲーテの色彩論をベースとした色の混ざり合いを重視する。



178 :名無しの心子知らず:2009/05/08(金) 01:58:23 ID:QAzmoQ+u
シュタイナー学校

 シュタイナー学校は、小学校と同じく6歳で入学します。それからは12年間(一部、家の職業を継いだりするために12年未満で卒業する人もいる)一貫教育なので、途中で進路を分けられることもなく、落第もないので18歳で卒業します。

 大学へ行くには、シュタイナー学校を卒業した後、1年から2年、シュタイナー学校に付設されているギムナジウムを受検する人のための授業を受けて、アビトゥーア(日本の高校卒業資格に当たる)を受けることになります。




4 :名無しの心子知らず:2008/10/01(水) 13:47:36 ID:3qe6u25A
ちょっと遠い幼稚園だけど
私が気に入ってしまっている。(プレみたいな教室にたまに行く)
遠いのがひっかかっているのと、シュタイナー?なにそれ?な夫を連れて
今度見学に行ってくる。
園は古くてボロだから夫はその地点でダメみたいだ。

幼稚園、車で30分くらい。
がんばって通わせている方いますか?



7 :名無しの心子知らず:2008/10/02(木) 07:23:37 ID:VwnzbjLT
うちは多動かなと疑うくらいの問題児ですが
>4
営業で来たシュタイナー園の人は
全然ウェルカム、という感じでした。
お月謝が高いのとお迎えのバス停まで遠いのは
ひっかかりますが、
うちの子はここかも。もうかなり心は傾いています。



10 :名無しの心子知らず:2008/10/03(金) 20:27:38 ID:QUtkhsP5
シュタ本当に好きな人なら、営業なんかするシュタ園は避けるとオモ。
たとえ少数でも生粋の心酔者が集まってるところのが、
内容はいいと思う(ただし月謝高っ)
じゃないと、けっきょくシュタイナーのシュの字も知らないような
保護者が大勢になると、かなり中途半端になる。
営業かけるってことは、シュタ知らなくても興味なくても
お金落としてくれればウェルカムってことでしょ。
入園後に興味持つ保護者も多いだろうけど、そうとは限らない。
保護者に強い態度に出ることもできない園だってことだから、
興味ない保護者が大勢になるとそっちに引っ張られる。
なんちゃってシュタくらいが心地いい、場合もなら
そっちのほうがいいだろうけど。

うちも田舎だけど、近くに、全然分かってないシュタ園あるよ。
ものすごい大々的にシュタイナー教育やってます!ばーん!みたいな
宣伝を地元フリーペーパーに載せちゃって、
説明会聞きに行ったら、
「ドイツから直輸入の木のおもちゃ!」
「くもんを取り入れてます!」
「当園の自慢は大型スクリーンを備えた最新視聴覚教室!」
そして子どもにおやつが配られ、う○い棒とコアラのマーチ。
説明会の後に、シュタイナー教育を具体的にどう取り入れてるんですか?
と尋ねたら、しどろもどろ・・・
オイリュトミーが…とかライゲンが…とか言ってるけどさ、
保護者ナメ杉。



13 :名無しの心子知らず:2008/10/04(土) 03:56:07 ID:v8Ecsokh
実家の母がシュタイナーを勧めるんだけど、こちらの義母が
毎日テレビつけっぱなしの人なんで、さくっと挫折。
どこかのスレで「実母がどうの義母がどうの、って自分の子だろ!
自分でしつけろ!」って怒られたけども、同居してると子だけテレビから
遠ざけるなんて無理。なんとか2歳くらいまではがんばったけど、テレビから
遠ざける=ばあちゃんとの交流を阻害するになっちゃうので、それもどうかと
思われて。いや義母の説得に疲れ果てたというのが事実かも。

市販のお菓子もテレビで見たり人にもらったりして覚えていくし、それを
あまり厳しく禁止すると隠れてごっそり手に入れる。

半端に憧れてると自分が辛いです。シュタイナーって。




15 :名無しの心子知らず:2008/10/08(水) 22:57:17 ID:8ZQHOa0i
シュタイナーの幼稚園近所だしとても良い環境なので、
ナントカの集いみたいなのに参加してみた。子供は2歳。

すごーーーく惹かれたけど、
共感するし、ぜひ通わせたいけど、

やっぱり挫折しそう…

テレビ観ちゃうし(自分が)、ディズニー大好きな私たち夫婦。
参加している母親たちは良妻賢母といった感じの人ばかりで、
ここまで徹底してできるかが自身ない。

今はまだぐらぐら揺れている様な状態です。
どろんこになって遊ばせる保育園と迷うところ。こういうのも捨てがたい。




16 :名無しの心子知らず:2008/10/09(木) 13:07:12 ID:G3xIMqyL
アンチもいいの?じゃ書いちゃうよ。
>>15どろんこ保育園へドゾ!特に男子なら迷わず。
そもそも、どんなこどもに育てたいの?
学歴なんてどうでもよくて、田舎で自然派ペンション経営して
自分たちの趣旨を全うする子にしたい、とか
「変人」とは最上級の褒め言葉!という芸術家にしたいとか、
万年フリーターや転職しまくりでボランティアしたり
理想を追い続ける一生を送る子に
したいっていうなら、日本のシュタイナー教育で育てるのも
かなりおすすめかもしれないけれどね。

シュタイナー関連の本や自然派教育を見て、一握りの成績優秀者や
成功者に目が行くかもしれないけど、現実は上のような子を
大量産出する場の危険性大(ってか、出典覚えてないけど、そういう子が
多いって文章をシュタイナーの本で実際に見た)。

6歳だか7歳だかまで、文字も覚えさせないのを徹底させて
俗な世間に触れさせずに育った自然派のお子さんを知ってるんだけど…
親は「刺激を避けても学齢期になったら、成績優秀で美しい未来」を
夢想してたようだけど、現実は全然違ったよ。

多くの刺激を受けて、好奇心膨らませて来た子との差は埋まらず、
我慢と抑圧で暮らしてきた親子共々対人関係に悩んで悲劇的だったよ。
その後、没交渉なので知らないけれど。





19 :名無しの心子知らず:2008/10/11(土) 12:29:22 ID:sIunxSfR
>>16
>「変人」とは最上級の褒め言葉!という芸術家にしたいとか、
>万年フリーターや転職しまくりでボランティアしたり

そういう人何人も知ってるから、すっごいわかるw
よっぽど行動力と才能がないと辛いよね。
シュタイナー教育の成れの果てが、いしだ壱成ってイメージ。




20 :名無しの心子知らず:2008/10/11(土) 21:54:54 ID:mUV8+6It
今の時代に、なぜシュタイナー???
そんなシェルターに入れて社会にぽいっと出されるんじゃ
誰だっておかしくなるじゃん。

それを選ぶ親が気味悪いよねw
子供が犠牲者。




21 :名無しの心子知らず:2008/10/12(日) 04:27:45 ID:VJDIUg2P
どんな教育したって、結局は子どもの潜在能力の問題だと思う
>>16が最後に例に挙げてるお子さんのような子は、
自然派教育でも早期教育でも大成はしない子。
シュタイナー教育って、
先天的な大天才の才能を守り開花させるには向いてると思う。
けど普通の凡人にとっては…。両刃の剣っぽい。
たしかに>>16が言う「万年フリーターのボランティア」になりそう。
結局、リスキーで賭け的な超エリート教育なんじゃない?
一部の本物の天才の才能を守り育てるための教育で、
その一部のために犠牲になる大多数がいる、と。
で、その大多数が、いしだいっせいのなれのはてw




132 :名無しの心子知らず:2008/11/28(金) 02:05:03 ID:vC5Nxlbp
参考までに、アンチシュタイナー教育受講派な自分が、毛色の違う意見ね。

うちの子も、ゲームやってるが、別に人格は勿論、見た目の性格も変わった様子は無し。
気をつけているのは、1日のゲーム時間(15分まで)制限。
自宅に友達を招いて遊ぶときは、原則としてゲームはユルく禁止。
持ってきた子に、他の遊びに誘うと、たいていゲーム置いて参戦(人生ゲームとか)。
あとは、ソフト内容を親が吟味して買ってる。
週末は親と共に30分に時間拡張して一緒にやってる。
実際にゲームをやってるので、学校での友達とのゲームの話題も問題なし。

そういえば、宿題、趣味、遊び、読書、テレビなど、他のことをしていたら
時間を気にせずゲームをするということが「時間泥棒」だと気づいた、と
うちの子が小学1年のときに言ってた。

要は、親子共に、ゲームを「きちんと管理する」という心意気や覚悟が大事で、
ゲームに振り回されたり、支配されないことが鍵だと思う。
それが難しいなら、最初から生活に導入しないのが一番、というのは賛成。



134 :名無しの心子知らず:2008/11/28(金) 11:14:35 ID:s7llYYXd
ちなみに132さんのアンチシュタイナー受講派とは?
よかったらアンチな理由をお聞かせいただきたいです。



137 :名無しの心子知らず:2008/11/28(金) 12:42:48 ID:vC5Nxlbp
>>134 シュタイナーの思想自体は、興味深いが…過去にも貼ったけど、も一度貼ってみる。
http://steiner.jpn.org/hihan/artindex.html

あと、これはサンプル数が少なすぎるから、何の参考にもならないかも
しれない(かなり独断と偏見を含むかもしれない)と前置きして、書き捨て。
シュタイナー学校は各国で色が強すぎて、そこに実験的に子を入れる気がしない。

実際、現在ドイツに住む友人からかつて聞いた「シュタイナー小学校」のこども像と
日本での「シュタイナー幼稚園やその上」のこども像が違いすぎる。

ドイツでの某シュタイナー学校の小学生たちは
「感情大爆発系で、静粛にすべき芸術鑑賞の場でも、叫んだり踊ったり大騒ぎ。
お行儀の悪いこどもたち。それを先生も、積極的に制止しない。
国民性もあり普通の小学生ならクラシックの演奏会の場は間違いなく静かだ。
でも彼らは全然違う。主催者側として眉をしかめることも多い」

(なんだか、魚を見て興奮したテレビタレント「さかなくん」のキャラを想像してしまった。)

「シュタイナー学校は、その方針をよしと考える家族が、わざわざ入れてる。
一般はそれを羨ましいとは思わないよ。ふーん、わざわざお金や時間かけて
変わり者なのね、って見方されたりとか。人に拠るんだろうけど。
それから、シュタイナー学校出身者が全員が優秀な大人になる訳がない。
大半は普通の子が、普通の大人になってるよ。日本で、何か過大な妄想してる人
多いの?その方が不思議。」との談。

一方、日本はどうだろう?
感情大爆発とは、明らかに180度違うこどもたち。
なんというかいろんな禁則で抑圧されたり、極限られたコミュニティの中で
「おとなしく、清らかに、浮世離れした(大人から見て昔懐かしい)
可愛らしいこども」育成になってる気がする。何が違うんだろう?



138 :名無しの心子知らず:2008/11/28(金) 16:24:56 ID:s7llYYXd
>>137
とても詳しくありがとうございました。
ゆっくり読ませていただきます。私はシュタイナー教育にとても共感しているほうです。
けれども、自分の子どもをシュタイナー学校に入れたいとまでは思っていません。
それはなんでだろう?と自問していたところでした。
反対の考えはとても大事ですので、ありがたいです。



149 :名無しの心子知らず:2008/12/08(月) 23:55:28 ID:s6ycNtGW
どんな感じなのかな~、と思ってwikiを見てみたら
何このシュタイナーって人、
怪しいオカルト思想家じゃないの?

>>140
雁屋哲「シドニー子育て記―シュタイナー教育との出会い」(wikiより)
江原啓之とかも信者らしい。ふ~ん。




150 :名無しの心子知らず:2008/12/15(月) 18:28:04 ID:NlXpJM1H
>>149
正真正銘オカルトだよ。雁屋哲も野望の王国とか読めばわかるけどおかしな人だし、
江原はいうまでもない。科学的な根拠は全くないけど、占いとか好きな人は向いてる。




153 :名無しの心子知らず:2008/12/22(月) 15:33:10 ID:qIVEbGdg
とりあえずシュタイナーはいい意味でも悪い意味でもオカルトでしょうね。
自己啓発とかと一緒。科学的根拠はない。シュタイナーがいいと思うことを
表現してみただけ。やった上での結果には責任を持たないってこと。




167 :在校生:2009/04/15(水) 03:29:20 ID:ygtDwEyF
11年間シュタイナー教育を学んできて、現在もまっただ中に居るものです。
このスレを読んでいると、やっぱりいろいろと大変な教育だなぁと改めて思います・・・
何かご質問ありましたらどうぞ




168 :名無しの心子知らず:2009/04/16(木) 03:17:13 ID:rc8E5sQ2
在校生さんはシュタイナー教育に携われる前はどのような環境の中に
いらっしゃったのですか。
よろしければ、その時と今の違い(教育に対する考え方や、子どもたちへの
接し方など)を教えていただけませんか。
私はシュタイナー教育に魅力を感じつつも、すでに自分の中にできあがってる
これまで受けた教育や生き方にまだ縛られているような気がしています。




169 :在校生:2009/04/20(月) 01:57:01 ID:6mG3USUU
>>168さん 私が通っていた幼稚園はシュタイナー系ではなかったんですが、園長さんがシュタイナー教育の方にも
興味を持っていた方でしたので、それなりにそういう空気はあったと思います。
その後一年間だけ公立小学校へ通いましたが、いじめが原因でシュタイナー学校へ編入しました。

子どもたちへの接し方は、私はルドルフ・シュタイナーさんの言っている指針とか理念とかはあまり詳しく内容を
聞いたことがないのですが、なんとなく感じるのは、「こども」を相手にするのではなく、「小さい人」と見られている所
でしょうか。

教育に対しての考え方、ですか・・・なんだかすごく抽象的になってしまうんですが、
公立:教える
シュタイナー:学ばせる
という感じでしょうか

ただ、公立小学校にしろシュタイナー学校にしろ、教育で大事なのは、家での時間だと私は思います。
私の家は別にシュタイナー的な取り組みはあまり行っていませんでしたが、毎晩寝る前に本を読んでもらうとか、
今日どんなことがあったかを話すとか、そういう基本的なコミュニケーションは欠かしませんでした。そういうことの
積み重ねが、教育になるのではないかと。

実際シュタイナー教育は魅力的かもしれませんが、親のエゴが走りやすい教育でもあるので、親の判断でどちらが良い、
ではなくて、子どもの性格にどちらが向いているか、で決めた方が良いと思います。

なんだかまとまってない上に長文でごめんなさい・・・。




170 :名無しの心子知らず:2009/04/20(月) 16:01:24 ID:PpfkHvP3
寝る前に本を読んでもらうっていうのがシュタイナーなんですか?ちょっと違うような。



171 :168:2009/04/21(火) 09:30:41 ID:KoBin+ZY
在校生さん、ありがとうございました。
教育で大事なのは家の時間、親のエゴが走りやすい教育、というところ、共感しました。
近頃は、シュタイナーやモンテッソーリやその他いろいろな幼稚園の教育方針ばかりに
こだわって、あれこれ批評しながら園を選んでいる多くの親御さんを見かけ、なんとなく
残念に思っていました。それよりも大事なことをうちでしてみたらいいのに、と。

在校生さんの場合はシュタイナー教育が生活の中に自然にあったという感じでいいですね。




175 :名無しの心子知らず:2009/05/06(水) 06:29:00 ID:YB3+UGQI
やめといたほうが吉



176 :名無しの心子知らず:2009/05/07(木) 15:25:33 ID:zspuGnqe
ドイツではすたれたんだよ。本当に良いものなら伸びているはず。
ドイツでは4年生までの成績で進学校と職業学校に振り分けられてしまう。
この時点で進学校に行けなかった者は大学を受けることすらできない。
親の学歴や教育への意識の高さによって子供の将来が10歳で決まってしまう。
医者の息子は医者、ペンキ屋の息子はペンキ屋。
お金のない職業学校出身の親たちが大学へ行かせられないから「別の道」として
シュタイナーを支持。政府の決めた公立の教育目標ではなく、ダンスや絵を描き、
テストで試されることのないシュタイナーは国に抵抗するのに絶好の手段だったわけ。
でもさ、そんなことしたからって就職できないことに親が気付き始めて、今や
ギムナジウム(進学校)になんとか入れようと、家庭教師つけたり塾に行かせたり
必死。今のドイツはこれが現実。
日本は恵まれているんだよ。誰でも受けたかったら大学受けられるでしょ。
ドイツは10歳ではじかれたらもう一生大学へは行けない。ギムナジウムに入れても
順調に卒業できるかわからない(授業はかなりの速度で進む。だからこそ選抜された子
しか入れないんだけど。) 現実逃避としてシュタイナー教育受けた子たちが
どんな大人になっているかなんて簡単に想像つくでしょ?



177 :名無しの心子知らず:2009/05/07(木) 16:39:10 ID:7+4DWcTJ
シュタイナー教育のいいとこ取りだけしたい
全肯定でもなく全否定でもなく



198 :名無しの心子知らず:2009/06/03(水) 01:19:52 ID:kcsRntf2
自己啓発にハマるのは青年期の間だけにしとけよ
自分の趣味を子供におしつけんなっての。馬鹿親ども



213 :名無しの心子知らず:2009/08/28(金) 00:10:12 ID:Qy4fgIlQ
知り合いがシュタイナー教育させてて、文字も英語も数字も教えなかったら
小学校入学して、とたんに落ちこぼれ。
小1にして、登校を拒否しだした。やっぱりおかしいと思う。この教育法。




327 :名無しの心子知らず:2009/09/28(月) 22:43:21 ID:uyMc/wib
小学校に上がるまで字を教えなられてない子、って小学校に上がったらどんな感じですか?




328 :名無しの心子知らず:2009/09/29(火) 08:07:33 ID:CmCKbwP9
>>327
それまで字を知らなかった子が、突然難しい文章を読むとでも思ってる?




329 :名無しの心子知らず:2009/09/29(火) 08:56:41 ID:AEuNQuR8
いやデメリットはわかるけど、シュタイナーが期待するメリットは
実際あるのかどうかが知りたい。経験者希望。




330 :名無しの心子知らず:2009/09/29(火) 13:09:37 ID:MQS7FahD
乾いたスポンジが水を吸収するごとく、学びたい欲がすごくて、
出来る子との差なんかすぐ埋まる。逆になまじ入学前に勉強している子は
授業が簡単過ぎて聞いてない癖がつき、気づけばシュタイナーの子の方が
クラスの上位。またシュタイナーの子は想像力と美的センスに優れているので
授業のノートが他の子と違って芸術的でカラフル。

とシュタイナー幼稚園に通わせてた人が言ってた。




331 :名無しの心子知らず:2009/09/29(火) 15:07:54 ID:LO+TlObw
>>330
そんなのは幻想に決まってるじゃん。
本当にそうだったら、シュタイナーに限らず就学前は字を教えないことが
標準的教育法になっているはず。そうなっていないのは、出来る子との
差がまったく埋まらないから。
授業のノートが芸術的でカラフルって、それ悪いけどほとんど知恵遅れの子じゃん。





338 :名無しの心子知らず:2009/09/30(水) 09:03:47 ID:z/9ptuOK
うちの子が最初の字を覚えたのは、1歳半のときだ。
絵本を読んでやっていたら、勝手に覚え出した。
文字に限らず興味を持ったときが一番吸収できるときで、そのときに教えないと、
十分吸収できない。
子供によって話し出す時期が異なるのと同様、文字に興味を持つ時期も人によって
みな違う。7歳で字を教える、それまで教えないというのは、どの子にも同じ時期を
設定していることがまず間違っているし、だいたいが遅すぎる。

文字を興味のあるときに教えないなどというのは明確に間違いであって、
100年以上前の人間が根拠も無く頭の中だけで考えた空想理想主義を、現実の
子供に適用するのは、子供の知的能力発達の機会を奪う虐待レベルの暴力的実験だ。
自分の子供に良いと信じてそんなことをするのは、よほどのバカであろう。




340 :名無しの心子知らず:2009/09/30(水) 09:24:16 ID:z/9ptuOK
シュタイナー教育ではなぜ、7歳で字を初めて教え、それまでに教えないか。
それは
「生命の座であるエーテル体が7歳で自律するから」
なのだそうだ。
こんな考えを信奉して子供の知的発達を奪う虐待を繰り返すのは、反科学文明的
宗教イデオロギーによる狂気の蛮行であって、要するにシュタイナー関係者は
社会に有害な宗教カルト集団である。




カテゴリ : 学校記事のURL コメント (7) トラックバック (0)

コメント

  1. 日本的常識の枠内で生きてくなら幼稚園までが無難
    うちの子は親に似ず良い子にしてもらったなあと思う
    こんなんで大丈夫かと思うほど
    世の中は好意で満ちているって感じのおっとりさんだが
    わるくない
    親がその後外の社会とのすりあわせをしてやらんと
    たまに悲劇あるみたい
  2. 子供の教育を「博打」にするのは罪深いねぇ…
    そのツケを払うのは子供自身と老後の親だよ。
  3. シュタイナー教育を受けさせる人って、非凡な天才とかに育てたいわけ?
    べつに普通の小中高に通わせてても、本人に特別にやりたいことがあれば勝手に飛び出すだろうし、わざわざこんな特殊な方向へ差し向ける必要なんてないだろうに、と思うけど。
  4. 七田教育が可愛く思えるぐらいキチガイじみてるな。
  5. シュタイナーってたまに名前を目にするから教育者かと思っていたが、神秘主義者だったとは…
    カルト教育がまかり通っているのが恐ろしい。
  6. 多少興味はあったがめんどくさそうなので
    そういう幼稚園に入れるのやめたんだが
    正解だったかも
  7. 承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://erimos.blog38.fc2.com/tb.php/195-27f4e56f

雑記

管理人:えりもす♂


このサイトについて
人気エントリー
おすすめ記事
連絡

2009/12/17
3500g♀
元気な赤が誕生しました


赤さんかわいす。

多忙のため、更新が少なくなっています。
楽しみにしていただいてる方がたくさんいるのに大変申し訳なく思っています。
仕事が落ち着いたら、また元のペースで更新していこうと思います。




7/8
<li>でコメント欄の番号を表示させているのですが、
IEやスレイプニルだと表示されてないことに気付きました。
狐だと大丈夫みたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
RSSリンクの表示
リンク


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
アクセスランキング ブログパーツ

総コメント数 
総記事数 
はてな

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。