--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年09月07日

イヤなものはイヤと言う子供の権利

869 :名無しの心子知らず:2009/09/07(月) 05:11:59 ID:SkQ7Pzzx
小学生以上のお子さんがいる皆さんに質問です。
私は関東に住む小学生の母です。
学校の教育方針に疑問があり質問させて頂きます。
子どもが通っている学校では『子どもの権利』と言うものを尊重しているのか
『いやなものはイヤと言おう』
と言う子どもの権利について道徳の授業がありました。
単純にイヤだと思えばイヤだと言う勇気や権利を教えているそうなのですが(悪い誘いに乗らないようにとの対策も意味するのでしょう)、この方針が子どもには良く理解されて居らず、疑問に思っています。
わかりにくいと思うので例をあげて言いますと
『片付けなさい』
これがイヤならイヤと答えても良い、理由があるならやらなくても良い。子どもはそう解釈しているみたいです。
話を聞かず返事をしない子に 『まずは返事をしお父さんお母さんの話を聞いてイヤならイヤと言いましょう』
と教育されているのです。
私には、学校が親の発言力や存在を軽んじるような教育にしか思えません。

確かに事柄によって選択肢を増やし逃げ道を作ってあげる事も大事ですが、それは親が作るものであり、何でもかんでも子どもに選択肢を増やさせるものではないのでは?と思います。
子ども時代は自由のようで不自由であり、理不尽に感じる事もあると思いますが、それを吸収する事によって物事の善悪が解るようになるのでは?と思えて仕方ないのです。

続きます



870 :名無しの心子知らず:2009/09/07(月) 05:16:34 ID:SkQ7Pzzx
親の意見は絶対だと教育されて来た私としては、『親の意見は絶対だった』とは思えませんが、自分の善悪を判断する礎(マナーや常識含め)になっている事は早いうちから理解出来ていました。
その礎は親の価値観かもしれませんが、それが教育だと思っている私には『子どもの権利』と言う教育に納得がゆきません。
うちの子どもの一人は『ああいえばこういう』口うるさいタイプで、毎回学校を盾に口答えをしてきます。
親が子どもの前で学校を否定すれば子どもを不安定にさせますし、モヤモヤして仕方ありません。
もう一人は要領よく『はいはい』と流しながら聞くタイプで影響があるのかないのかわかりませんが…
長くなりましたが質問は、このような子どもの権利についての教育が他の地域にはあるのか、またそれをどう思うか、お聞かせ下さい。 宜しくお願い致します。




871 :名無しの心子知らず:2009/09/07(月) 07:06:18 ID:Lv8qjt1T
ウチの地域には無いけど、虐待されてる子は理不尽を理不尽と感じずに
自分が悪いから虐待されると思い込んで育つから
そういう子を救うための性善説に基づいた教育法だなと思う

学校にも家庭にもルールがあって、子供にも義務があって
権利ってのはルールを守って義務を果たして初めて得られるものだ
と教えればいいのかな

小学生なら、たぶんお子さんもわかってて反抗してるだけだと思うけど
その辺は早い内にキッチリ線引きさせないと問題あるかも
学校とも相談してきちんと認識できるように再教育してみては?

ちなみに私が子供の頃、似たような事を言ったら「屁理屈言うな」の一言で終わりましたが




872 :名無しの心子知らず:2009/09/07(月) 07:45:46 ID:SkQ7Pzzx
荒れるかなと思い、詳細をふせていましたが『子ども権利条例』からくる教育指針のようです。
こちらは神奈川県です。

>>871さん
学校では生徒は放し飼い状態です。
先生や親や大人と、子どもの線引きがされず、言いたい放題やりたい放題の子ども達がたくさんいて半学級崩壊しているような学校になっています。

おっしゃる通り『義務』を教育されて居らず『イヤなら親や先生の言うことも「イヤ」でいい』と言う教育に唖然としています。
授業で年1回はやっていたそうで、学校に物申しても『はいはい、そうですね~わかりました』と、形だけの同調と同意で、話になりません。
家での言い聞かすにも、都合が悪い話は反発し自分の都合が良ければ同意する…そういう流れになり反抗期も重なって、壮絶なバトルになります。



873 :名無しの心子知らず:2009/09/07(月) 07:46:19 ID:S4jXChbF
>>869
ちょっと、どこまで教育を学校に丸投げする気ですか??

息子さんが教えられたことにズレた解釈をしてるなら、
それを修正してどういう意味なのかを教えるのが親でしょう。
息子さんの言ってることは「人の嫌がることをすすんでしましょう」って
教えられて、解釈違いで人に嫌がらせしてるのと同じようなもん。
正しくはこういう意味なんだよと教えるのが親の仕事ですが。




874 :名無しの心子知らず:2009/09/07(月) 07:50:38 ID:/AAPOUQI
>>869
なんか最近どこかに貼られていてみた、これを思い出した…
ttp://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090801/plc0908010801004-n1.htm

うちは今のところそういうことを感じる事がなかったのでよかった、と思っていたのですが
実際にここまでやっているところはあるんですね…時間の問題かな、と思えて来て怖くなり
ました。
親が「誰と遊びにいくの?」と聞いても答えない時代が来るのかな…orz




875 :名無しの心子知らず:2009/09/07(月) 09:08:11 ID:kPziGxqb
最終的に親との信頼関係じゃなかろか。
まともに子供に目線も合わせず話を引き出す事もせずに
子供が自分の思い描いた通りに育つなんて事あるわけないじゃん。




877 :名無しの心子知らず:2009/09/07(月) 09:23:58 ID:oIkuO3b2
>>870 学校でおおざっぱに教えられた「子供の権利」を、家庭でもっと丁寧に教えてやればいいだけのことだよ
それは学校を否定することにはならないでしょ
サザエさんとかがんこちゃんとか(本当に放送しかわかんないけど、例えば、の話デス)
主人公が嫌なことは嫌と~と教えられて、例えば「歯磨きを嫌!」と言ってたら、虫歯になっちゃって、
うわ~んゴメンナサイこれからはちゃんとします~みたいな話wってあるでしょ
自分に都合のいい拡大解釈から、正しい理解へ、というのは、誰もが一度は通る道だよ。
バトルになるのが嫌でもそれは親の仕事。嫌なことでもしなくちゃならないって、良い見本だw




879 :名無しの心子知らず:2009/09/07(月) 09:47:34 ID:v/mUN5Jz
>『片付けなさい』
>これがイヤならイヤと答えても良い、理由があるならやらなくても良い。
>子どもはそう解釈しているみたいです。

その解釈、正しいと思うよ。
でもその『理由』には、正当なものとして他人に認めてもらえるような理由と、そうじゃない
理由とがある。
認めてもらうためには、自分から親に「片付けるのがイヤな理由」を提示できなければいけない。
親は親で、なぜ片付けなければいけないのか、なぜ「面倒だから」程度の理由などでは
正当なものとして「やらなくても良い」と認められるような理由にならないのか、について
きちんと子供に理解できるように説明しなければならない。

そういうことだと思うんだけど。
教育って。




880 :名無しの心子知らず:2009/09/07(月) 09:48:18 ID:yWjq1lSB
学校は学校、家庭は家庭と割り切って家は家で教育するしかないんじゃない?
もし子どもが学校を持ちだしてきたら
「他の○○くんの話とか出していいの?○時間勉強してるよ?とか言われてもいいの?」
みたいにこっちも基準を他に持って行く。嫌がると思うから家は家で、をそこで教える。




881 :名無しの心子知らず:2009/09/07(月) 09:52:20 ID:bf2Yz/pM
>>869
友達からお金を持って来いと言われる、
集団で、誰かを標的にしたいたずらをしようと誘われる、
万引きをする友達が見つからないように見張りを頼まれる、
下校途中で、車に同乗しての道案内を頼まれる…

学校は、こういった状況から子供を守るために、嫌なものはイヤという勇気を持ち、その習慣付けをしましょうと言っているのでは?
子供達が解釈の仕方を間違っていたら、それを正すのが親の役割ではないでしょうか。
その話し合いの時間の中で、いじめ・薬物・犯罪の怖さをじっくり話う、いい機会にすればいいと思いますよ。

子供が間違った解釈をするのは、時には仕方の無いことですよね、子供ですから。だから家と学校で毎日学んでいるのです。
遠慮せずに今の>>869さんの気持ちを担任の先生に伝えた方がいいと思いますよ、先生も機会を作ってフォローしてくれるでしょう。
もし、学校が何もしてくれないというのが事実でしたら、なおさら869さんが子供さんとじっくり話し合う必要があるでしょうね。
学校はすぐ動いてくれるところではないですよね、でも、子供の身辺の危険は毎日ある世の中ですし、
869さんがお子さんに片付けなさい、イヤだ、と口答えされるのも毎日のことでしょうから。
小学生でもきちんと話せば理解できます、是非今日にでも話してみては?大切なことですから。



カテゴリ : 学校記事のURL コメント (13) トラックバック (0)

コメント

  1. 最近じゃ、子供の相談を2chでするんですか
  2. そういう時代なんだよ。
    学校は威厳がなくなり日教組の影響などでまともな道徳教育をしない。
    親の方は、核家族化や近隣住人との付き合いが減ったりなどで相談する相手が居ない。
    ネットというコミュニケーションツールを利用しないほうが時代遅れ。
  3. 悪事の誘いを断るため、とあるけど、拒んだら報復される恐れがあるからこそ嫌と言えない、そこんとこわかってるのかな。
    そもそも、薬物の場合は興味が先に出て嫌という気持ち自体抱かないのかもしれないし。

    あと、いじめの正当化にならないかな。
    ○○の隣はイヤ! イヤなものはイヤ!
    これ、正当な権利ってことになっちゃうよ。
  4. 恐ろしい話だ。
    息子さんの解釈が間違ってるのではなく、間違いなく問題なのはその道徳教育。

    「イヤ」というのは何を示すかと言えば感情だからね。
    これは感情を全てよりも上位に置きなさい、と言っているようなもの。
    ルールよりもマナーよりも倫理よりも。

    「イヤだけどそれが決まりなんだからやる」「イヤだけどそれをしないとみんなが困るからやる」
    こういった取り組みを通じてルールの大切さ、協調の大事さを学び、社会適応性を学んで行くんだけどそれを否定するとは。

    「悪事うんぬん」は「悪い事はしてはいけません」という道徳の範疇。拡大解釈をしすぎ。
  5.  「嫌なものは嫌という」という、この学校の教育は一理あるけれど、行動には結果がついてまわり、その結果の責任は自分で負うしかないということを伝えているのかな?

     その教育の意図を伝えていたらいいけれどそれができなかったら、結局のところ、教育の現場にしっぺ返しを暗いそうな気がするんだが。。。
  6. 元は「ダメな物はダメと言う」だったんじゃないか?
    これができるのは倫理観のある子供に限る。

    ま、学校が一律で道徳を教え込むなんてのは無理なんだから、
    最終的には親が教えるしかないんだよね。
  7. この世において正しき事は往々にして嫌な事なのだがね
    まったく程度が低いったらありゃしない
  8. 人の嫌がることは率先してやりなさいと言われ続けた俺たちはどうしたらいいんだ。
    いやちょっと違うか。
  9. 日教組の方針がダメだからね~
    「早寝早起きの押し付けは子供の人権侵害」とは
    本気で言ってるから
  10. 所ジョージの名言
    「片付けは次に遊ぶための準備」
  11. 小学生の『イヤ』如きを論破できないのかw
    イヤだけどやらざるを得無い事を
    理解させるのも教育だろう?
    大人の都合と言われようと、
    屁理屈、こじつけだろうと、
    子供を納得させられる程度の思考を持てよ
  12. 理屈を論破した所で昨今のクソガキは頑なに言うコトは聞かんぞ
    やはり適度な鉄拳制裁も必要だ
  13. 会津藩?だったかの教育で「ならぬものはなりませぬ」ってあったよな…
    ほんと逆行してるわ…

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://erimos.blog38.fc2.com/tb.php/177-cace3616

雑記

管理人:えりもす♂


このサイトについて
人気エントリー
おすすめ記事
連絡

2009/12/17
3500g♀
元気な赤が誕生しました


赤さんかわいす。

多忙のため、更新が少なくなっています。
楽しみにしていただいてる方がたくさんいるのに大変申し訳なく思っています。
仕事が落ち着いたら、また元のペースで更新していこうと思います。




7/8
<li>でコメント欄の番号を表示させているのですが、
IEやスレイプニルだと表示されてないことに気付きました。
狐だと大丈夫みたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
RSSリンクの表示
リンク


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
アクセスランキング ブログパーツ

総コメント数 
総記事数 
はてな

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。